LPガス・プロパンガスの販売/神奈川・埼玉 中央液化ガス株式会社
中央液化ガス株式会社
サイトマップ
お問合せ
文字サイズの変更小中大

ホーム

ホーム
  • 会社案内
  • 事業案内
  • 業務案内
  • LPガスの基礎知識
  • 採用情報
  • よくあるご質問

CO事故防止について
Home > LPガスの基礎知識 > CO事故防止について

CO事故防止について

CO中毒とは

LPガスそのものには毒性はありませんが、不完全燃焼を起こした時に
COが発生します。このCOが、血液中のヘモグロビンと結合して体内にまわり
酸欠となり、吐き気や意識を失うなどの中毒症状を起こし、
生命に危険を及ぼします。


CO中毒事故は
・給気、排気、換気の不良
・燃焼機器の設備不良や誤使用
などによって起こります。


CO中毒事故を防止するために

換気に注意してください

※ガスが燃えるためには、たくさんの空気を必要とします。換気が十分に行われないと酸素不足や室内に排ガスが充満して不完全燃焼を起こし、有害な一酸化炭素(CO)を発生する恐れがあるため、大変危険ですので、十分な換気をしてください。
室内でガス機器を使用するときは、換気扇を回したり、ときどき窓を開けて十分に換気してください。
排気のフィンが埃などで目詰まりしていないか確認してください。
開放式湯沸器の
長時間使用は危険です。
風呂への落とし込み、シャワー、洗濯機への給湯、キッチンでの洗髪等、湯沸器の長時間使用は止めましょう。
排気設備の点検も忘れずに!
防火ダンパーのずれ、はずれ、スズメの巣による詰まり等、排気不良は危険です。排気筒の点検も定期的に行いましょう。
安全装置付き機器を
使いましょう!
屋外設置式や密閉式、不完全燃焼防止装置付き燃焼機器への買い替えやCO警報器の設置をお勧めします。

不完全燃焼防止装置付き機器の設置をお勧めします

不完全燃焼防止装置がない風呂釜・湯沸器・ストーブは、CO中毒事故を起こす可能性があります。より安全にご使用いただくために、屋外設置式風呂釜や不完全燃焼防止装置付湯沸器への買い替えやCO警報機の設置をお勧めします。